読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・俺は嘘はついていない

俺は考えた。

何故、誤解を与えているような気がするかと。

 

会話の流れをまとめると俺のスペックはこうなる

・ギターが弾ける

・歌も歌える

・オリジナル曲を作れる

・ライブにも出てる

 上記を全て兼ね備えている人、つまりはシンガーソングライターと呼ばれる人種である。

ということになる。

 

 

俺は嘘はついていない

 

 

ライブハウスや音楽スタジオに行けば掃いて捨てるほどいる人種、しかし普通に生活していて偶然会う機会は実に少ない。

そんなレアモンスターに会えた彼女のテンション、上がるのも無理はない。

 

さて、世間一般でいうシンガーソングライターというのはどのようなイメージだろうか?

俺はGoogleに訪ねた。

f:id:uramichiism:20161103065517j:plain

 

f:id:uramichiism:20161103065046j:plain

 

f:id:uramichiism:20161103065043j:plain

 

f:id:uramichiism:20161103073017j:plain

 

 

さて、俺のライブ写真はどうだろう。

 

 

f:id:uramichiism:20161001223658j:plain

 

f:id:uramichiism:20161024212316j:plain

 

f:id:uramichiism:20161023012422j:plain

 

f:id:uramichiism:20161103071022j:plain

 

 

もう一度言うがこれは全てライブ中の写真である。

 

俺は考えるのをやめた。

 

 

後日、当事者である妻のママ友が家に遊びに来た。

俺はその時仕事で不在だった。

 

リビングに掛けてあるギターを見るなり、当然俺の話題になった。

「旦那さんの曲聴けるの?」

「まぁ聞けないことはないけど…」

妻は躊躇した。

そしてiPodを取り出し唯一の音源である「uramichi ism」という曲にカーソルを合わせた。

 

「いいのかな…」

 

その独り言は夫の許可がないこととは別の心配を含んでいた。

 

iPodのボタンを押した。

スピーカーから飛び出した鋭いギターリフが、ママ友の抱いていた俺のイメージにヒビを入れた。

 

その後彼女がどんな表情で曲を聴いていたのか、

どんな思いを抱いたのかは分からない。

 

ただ、俺は嘘はついていない